瓦sista field

ksista.exblog.jp ブログトップ

8月13日正午の実験

最近ネットショッピングにハマりつつ?あります。
今月はすでに3回も注文してしまいました。
そして一昨日届いたモノ…。


それが温度計です〜004.gif


以前から購入を考えていましたが、ついに思い切ってしまいました。
瓦屋根さんは熱くて大変だねとよく言われますが、どれ程の条件の中で働いているのかなと思って。006.gif
それについては明日のブログでUPしますね。
さて、温度計をなかなかの値段(月の小遣い五分の一減008.gif)で購入したのでこれからはいろいろな実験をしていきたいと思います。

瓦は断熱性に優れると言われていますが、一体どれ程のモノなのか?を簡単実験で検証したいと思います。

実験に使用したモノは


b0183781_5554983.jpg

板金と瓦です。さっそく検証してみます。
b0183781_5554933.jpg

この瓦の下部分、陰の温度を測定です。

b0183781_5555099.jpg

37.4度 ふむふむ。

では板金の下の温度を計ってみましょう。
b0183781_5555048.jpg

40.6度 なるほど。

単純な実験ですが、瓦と板金では3.2度の差が出ました。
さて、いかがですか?予想通りでしたか?個人的にはだいたいこれくらいだろうなと思っていました。

なぜなら
b0183781_6154119.jpg

この実験ではこれ以上なく自然換気が出来ているからです。新しい空気がドンドン出入りする中での検証なのでこんなDATAとなりました。(それでも3.2度の差は大きいと思います。)

しかし、


これが本来の家ならどうなるのか?

またまた簡易実験です。



b0183781_5555073.jpg

今度は少し換気を変えてみました。

では計ってみましょう。
b0183781_5555138.jpg

45.6度!瓦との差は8.2度!!!

これでもまだ隙間があり空気の出入りが少しはあります。本来の屋根ならば野地板と板金は密着している状態ですので野地板表面温度はさらに差が出てくるでしょう。

ん、瓦の方は換気状態を悪くして計らないのか?と思った方がいらっしゃると思います。


実は瓦はその構造上、自然換気が出来るんです。一枚一枚の隙間から、つまり屋根全体で換気が出来るんですね。(このことも近いうちにブログで書こうと思います。)

瓦の素材としての断熱性能と、瓦の構造上の換気性能でここまで差が出ます。

だ、ダメだ、時間が来てしまった。タイムリミットです。では今から現場に向かいます。このブログは時間がかかりすぎてしまった。また近いうちに…。






[PR]
by kawarasistafield | 2011-08-14 14:51 | 快適性能
line

今こそ,瓦屋根。


by kawarasistafield
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31